Login

SCCJ Swedish Chamber of Commerce and Industry

Home Features Archive 2016 Authorized distributor of world renowned Swedish knives in Japan
Tuesday, 18 October 2016 14:50

Authorized distributor of world renowned Swedish knives in Japan

Written by  SCCJ

UPI imports and sells overseas-made outdoor products

UPI’s head office is located in Mino-City, Osaka Prefecture. All of its products, including knives made and exported by Morakniv, can be purchased online on UPI’s website: (http://uneplage.net/). UPI also wholesales its imported products to retailers throughout Japan. These retailers include outdoor stores like Wild-1, Montbell and Kojitsu. 

“We specialize in the importing and selling of overseas-made outdoor goods, such as knives and camping equipment. We handle about 12 different brands. All of these brands are not widely available for purchase here in Japan” explains Mr. Homma.  

UPI1

Morakniv is UPI’s main product

UPI’s main product is the Morakniv. All Morakniv are manufactured in Sweden’s Mora City, before being exported overseas. Mora City has a centuries-old tradition of producing high-quality knives; and the craftsmanship developed over its long history is the backbone to Morakniv’s durable and easy-to-use knives. Also, the materials used to make Morakniv, such as steel, all come from within Sweden. According to Mr. Homma, Morakniv make up about 45% of UPI’s revenue.

UPI began importing and selling Morakniv knives in 2013. Prior to that, Morakniv were only available 4 – 5 knives as a B-to-C product in Japan; UPI was the first company that started selling Morakniv as a B-to-B and B-to-C product through wide variety of product segments. 

“In the first year, we sold around 3,000 knives through a year, but now, we sell around 36,000 knives. The product line up has also increased more than ten times” explains Mr. Homma.

UPI2

The reasons behind Morakniv’s success in Japan

According to Mr. Homma, the sales of Morakniv have skyrocketed because of: (1) changing trends within Japan; (2) the intrinsic quality/value of each product.

Over the past several years, bushcraft has grown into a popular hobby & activity within Japan. Many of the knives Morakniv makes and sells are ideal for bushcraft activities, such as firecraft, shelter-building, and hand-carving wood. According to Mr. Homma, the superior characteristics of Morakniv knives quickly spread among bushcraft enthusiasts within Japan through word-of-mouth. “Actually, the word spread at an unexpectedly fast rate” adds Mr. Homma.

Another important reason for its success is the price. Morakniv are comparatively cheaper than similar-typed knives made by other companies, including Japanese makers. The starting price of knives made by other makers is around 5,000 yen; whereas Morakniv’ starting price is around 2,000 yen. At this price, entry-level bushcrafters can easily purchase a Morakniv knife, without too much hesitation. Furthermore, Morakniv knives are available in a variety of different colors, such as pink, orange, and light green. This, and also due to Morakniv’s savvy advertising strategy, Japanese women interested in outdoor activities have developed very amicable sentiments toward Morakniv. According to Mr. Homma, from October, UPI is scheduled to start selling a new Morakniv knife that mainly targets mountaineer and urban life styled people including women.

UPI3

Kitchen knives – a different cut from Morakniv

Besides bushcraft knives, Morakniv also makes and sells kitchen knives. UPI started selling these in Japan from the spring of 2016 on their company’s website. “We would like to start wholesaling these to retailers, sometime in the near future. Ideally, in the long run, we would like to grow the kitchen knife arm of our business to roughly the same size as our bushcraft knife arm” states Mr. Homma. 

Hobby-specific knives, such as Morakniv’s Carving and Outdoor knives, are becoming more popular here in Japan. But, it is fair to say that these have not yet gained full “citizenship”. Through his company’s business, Mr. Homma will work toward further changing the way Japanese people perceive hobby-specific knives, such as Morakniv knives. 

We would like to extend a warm welcome to Uneplage International (UPI) as a new member of the SCCJ. You can find out more about UPI at: http://www.uneplage.net/ 


世界的に有名なスウェーデン製ナイフを、日本で取り扱う正規代理店

UPIは、海外製アウトドア用品を輸入販売する会社 

UPIが本社を構えるのは、大阪府箕面市だ。モーラナイフ社が製造・輸出するナイフを含む、UPIの全取扱商品は、UPIのホームページから購入可能だ(http://www.uneplage.net/)。UPIは、輸入した商品を日本全国の小売業者に卸している。こうした小売業者の中には「Wild-1」のようなアウトドアショップや、「モンベル」、「好日山荘」などがある。

「当社は、海外製アウトドア用品の輸入販売に特化した会社だ。取扱商品の中には、ナイフやキャンピング用具などがある。取り扱っているブランド数は12だ。これらは全て、日本で広く出回っていないブランドばかりだ」と本間氏は説明する。

UPI1

モーラナイフが、UPIの主力商品

 UPIの主力商品はモーラナイフだ。海外輸出されるモーラナイフは、全てスウェーデンのモーラ市で製造される。モーラ市には、何世紀も前から高品質ナイフを製造してきた伝統がある。その長い歴史の中で練り上げられた匠の技が、モーラナイフの特性である、高い耐久性や使いやすさを下支えている。また、モーラナイフの製造に使われる鋼鉄などの素材は、全てスウェーデン国内で調達されたものだ。本間氏によれば、モーラナイフはUPIの売上の約45%を占める。

UPIがモーラナイフの輸入販売を開始したのは2013年だ。2012年まで、モーラナイフは日本国内において、「B-to-C」で4~5種類しか入手できない商品だった。UPIは、モーラナイフを「B-to-C」と「B to C」で多品種を取り扱い可能な商品として最初に販売した会社だ。

「モーラナイフ社の出荷数は、初年度に3千本だったが、今では年間に36千本以上のナイフを販売するまでに成長した。商品のラインアップも10倍以上増えた」と、本間氏は説明する。 

UPI2

モーラナイフが日本で成功した理由

本間氏によれば、モーラナイフの売上が大幅に増加したのは①日本国内のトレンドの変化②モーラナイフ社製品の本質的な品質・価値によるところが大きいという。

ブッシュクラフトは、過去数年間で日本国内でも人気ある趣味活動に成長した。モーラナイフ社が製造販売するナイフは、ブッシュクラフトにおける発火やシェルターの設置、木の手彫りなどを行う時に有用な特性を持つものが多い。本間氏によれば、モーラナイフの優れた特性は口コミによって、ブッシュクラフト愛好家たちの間で広まったという。「実は、あの広がりの速さは、我々の想定を超えていた」と本間氏は付け加えた。

成功に至ったもう一つの重要な理由は価格だ。モーラナイフは、日本のメーカーを含む、同種の他社製商品と比べて価格が低く設定されている。他のメーカーが製造する同様のナイフは最も安価なものでも約5千円だが、モーラナイフの場合、最も安価な商品は約2千円だ。この価格であれば、ブッシュクラフトの初心者でも、それほど躊躇せずにモーラナイフを購入できる。また、モーラナイフはピンクやオレンジ、ライトグリーンなど、色彩のバリエーションが豊富だ。そして、モーラナイフ社は色彩の多さ以外にも、巧みな広告戦略を展開することで、アウトドア活動に興味を持つ多くの日本人女性の心を掴んできた。本間氏によれば、UPIは201610月より、主に女性を含む登山愛好家やアーバンライフスタイルをターゲットとするモーラナイフの新商品を販売開始する予定だ。

UPI3

キッチンナイフという、異なる種のモーラナイフ

ブッシュクラフト用ナイフ以外にも、モーラナイフはキッチン用ナイフの製造販売を行っている。UPIは、こうしたキッチン用ナイフを、2016年の春頃から自社のホームページ上で販売し始めた。「当社は、近い将来、キッチン用ナイフも小売業者に卸したい考えだ。そして、ゆくゆくはキッチン用ナイフ事業が、ブッシュクラフト用ナイフ事業と同程度の規模に成長してくれれば理想的だ」と本間氏は説く。

モーラナイフ社のアウトドア用ナイフや木工ナイフは、特定の趣味に使用されるナイフだ。こうした「趣味用ナイフ」は、日本でも徐々に人気を高めつつあるが、依然として確固たる「市民権」を得ることができないのも事実だ。本間氏は、自身が経営する会社のビジネスを通じて、日本人が持つ「趣味用ナイフ」の見方を変えられるよう、引き続き努力する構えだ。その中には、当然モーラナイフも含まれる。

このたび株式会社アンプラージュ・インターナショナル(UPI)がSCCJに入会したことをまことに嬉しく思います。同社の詳細はこちら:http://www.uneplage.net/

 

ERICSSON FINNAIRGADELIUS IKEA SAABTetra Pak Volvo Cars.

Partners EBCJMECETP JAANlogo-footer